本文へスキップ
ホーム PB530とは システムの概要 商品案内   施工例   実績 会社情報 Contact
イメージ写真4
システムの概要


  回収した廃プラスチックを素材やグレード別の分別作業をせずに、そのまま全ての廃プラスチックを破砕、混合、溶解して押し出し成型し、土木用・建築用資材などに再生します。

◆ このプラスチックも材料の一例です。◆

◆ プラスチックの角材 ◆

◆ 植木鉢 ◆

廃プラスチックを利用したリサイクル材です。循環型社会形成に新提案!
何度でもリサイクル可能です。

システムの特徴


 

  PB530システムの導入により、地球温暖化の原因であるCO2が削減されます。

リサイクル方法   PB530システム導入時、製品に再生
 二酸化炭素 (CO2)

排出量

構成する装置
(破砕機、タンブラー、押出成型機)の電気使用から発生する
二酸化炭素発生量

11.195kg・CO2/月
29.616Kw/月×CO2排出係数(0.378)=11.195kg/CO2/月
 
 行の廃プラスチック処理
単純焼却・コークス炉
科学原料化・高炉還元
焼却処理により発生する
二酸化炭素発生量

2156.000kg CO2/月

60.000kg/月×CO2排出係数(2.6)=156,000kg・CO2/月

 効果  
二酸化炭素
発生量が

約1/14

 

参考資料:事業所からの温室効果ガス排出量算定方法ガイドライン(試案Verl.5) 環境省地球環境局発行